資源物持ち去りとは
HOW TO OUTSIDER

資源物の持ち去り行為とは?

 都民の皆様が、ルールを守り決められた日に分別した資源物を、集積所から契約をしていない人が持ち去る行為が社会問題になっています。都民の皆様の協力のもとに成り立っている資源物の再資源化システムに大きな影響を及ぼしています。
 また、早朝・深夜、通勤・通学時間帯などに、乱暴な運転や威圧的な言動など安全を脅かす行為があります。皆さんの安心・安全を守るためにも、持ち去り行為を絶対に許してはならないのです。


img

典型的な持ち去り車両。

img

持ち去り車は、通勤通学時間に、道交法を無視した危険走行が目立つ。

img

二人組による持ち去り。 トラックではなくワンボックスカーでの持ち去りも多い。


持ち去り行為の歴史

 平成11年以降、区部全域で行政回収による古紙回収(以前から多摩地域では実施)が本格化しました。
 被害は回収量に比例して増加し、持ち去り行為は組織的且つ巧妙になってきました。紙の消費量が減少傾向にある昨今、量を確保するため他市、他県まで足を伸ばしています。

 (公社)東京都リサイクル事業協会の推計では、09年度都内の資源物(新聞古紙)の持ち去り量は、4万2675トン、持ち去り率は、27.3%、区部だけで34.4%となります。

資源物持ち去り根絶に向けた取り組み強化に関する宣言


都資源物の持ち去り行為撲滅に向けた強化の取り組みについて
詳しくはこちら

都内市区町村持ち去り条例

  

 都内で実施されている古紙などのの行政回収や集団回収から、新聞古紙などを持ち去る悪質な業者が後を絶たず、その被害は年々増加傾向にあります。 良質な資源物だけを抜き取る行為は、市民の財産の横取りであり、地域リサイクルシステムを壊します。また交通法規無視や恐喝などの危険も指摘されています。
 我々古紙回収業者・流通業者・製紙メーカーなど古紙リサイクルに係わる各業界も厳しく対応するべく対策を強化しています。資源物の持ち去り行為は、条例による厳しい取り締まりがなんとしても不可避となるのです。


詳しくはこちら
都内区市持ち去り防止取り組み状況(平成29年5月更新)